わかる~!を英語で言うと

今回のフレーズは・・・

 

I can tell.

「わかる~!(そうだよね~!)」

という意味です。

 

tell といえば一般的に

・~に知らせる・告げる・伝える

・~を言う・話す

という意味で広く知られていると思います。

 

ですのでtell で“わかる”を表現するというのを

初めて知った時は「なにっ(ー_ー)!!」と意外な感じがしました。

 

辞書を見るとこんな例文が載っています。

I could tell that he needed my help.

彼が私の援助を必要としているのが分かった。

 

I can tellI know I understand と比べると

はニュアンスがちょっと違います。

 

I can tell は「見て、なんとなくわかったよ」

という意味合いがあるようです。

 

I know = わかる、知っている

I understand = わかる、理解する

I can tell = (見てなんとなく)わかる

 

こんな感じの違いだと思います。

 

I know the difference.

私は違いを知っています。

 

I understand the difference.

違いを理解しています。

 

I can tell the difference.

違いがわかります。

 

という微妙なニュアンスの違いがありますが

ほぼ同じような意味です。

 

えっ?じゃあ、わざわざI can tell

使わなくてもいいじゃないかって?

 

仰る通り、使わなくても何とかなります。

みなさんもワザワザ使わなくても良いかもしれません。

 

ですが、ネイティブが良く使う表現なので

知っておくと、聞いた時に混乱せずにすっと理解が出来ます!

 

お伝えした通り、意味を知らなかった時は

ネイティブがI can tell. と言った時に、

「ん???」(なんで言うんだ(ー_ー)?)となって混乱しました。

 

もしくはYou can tell.と言われる事もあります。

知らないと「あなたは言えるよ」と聞こえるので

同じように混乱します。

 

You can tell.

と言われたら、「きっとわかるよ」的な意味合いで

捉える事になります。

 

・・・と言う事で!

ニュアンスの違いはわかりましたでしょうか(*^_^*)?

 

So, can you tell the difference now?

 

ワンフレーズでした!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事