スクールブログ

スクールの生の声をお届けするスクールブログです。
英会話に関する様々な情報や、英語を学ぶ方がちょっとテンションのあがる話、生徒さんの声などを綴っています。ワンナップ英会話に通っている人も、通っていない人も楽しめる内容を掲載しています。


気軽に真面目に学習論 その4

2017/07/19
英会話のコツ

今回は「気軽に真面目に学習論 その4」です。

一応これまでのおさらいは以下のリンク。

気軽に真面目に学習論 その1

気軽に真面目に学習論 その2

気軽に真面目に学習論 その3


その3では、
どうやったら学習にわくわく出来るか?
を考えてみました。わくわく学習すると
その効果が高いからです。


<仮説その1>
ゲーム感覚で取り組む。

これがわくわく学習する為の
前回の仮説でした。



今日は仮説その2です!




<仮説その2>
仲間を作る



ぱっと見フツーですが
これは効果があります!!!

一人で悶々と悩むより
これってこういう事なのかな?と聞いてみたり、
互いの進捗状況を報告しあったりすると
張り合いが出てきて楽しくなってきます。

実際に、
企業へのグローバル研修(英語に特化)においても
グループワークを多用して
仲間意識と共にやる気を鼓舞します。

またワンナップで実施している「読み研」でも
一人だと無理だけど、みんなでやると楽しい!
というコメントを沢山頂いています。
やっぱり一人よりも二人。
二人よりも三人がいいです。

ワンナップのアドバイザーは
TOEIC900点の取得を義務付けられているのですが
わたしもTOEICに挑戦している時は
同僚との勉強会に積極的に参加し
終わった後はお互いに問題を出しあいました。

単語なんかは笑っちゃう程忘れていて
お互いにヤバイ!ヤバイ!と言いながら
呪文を唱えるように覚えました。

そして数日後、突然
Treatyって何だ!?と質問し

え!?
うーんと、えーと・・・
条約!!!

正解!!

などとやり取りし
クイズを出し合うような感じで
楽しみました。

そして互いのスコアを確認して一喜一憂。
次回は絶対にやってやるぞー!
とやる気を鼓舞しています。

なので、周りに英語学習を
している人がいたら
ぜひ一緒に取り組んでみて下さい。

学習仲間は英語力が近いのがベストですが
最悪レベルに差があっても構いません。
あの人もきっと毎日頑張っているだろうから
自分もがんばろ!
と思えたらそれで良いのです。

そして互いの成長を互いの刺激に変えて
気が付いたら楽しく上達してた・・・
となります。

ワンナップの生徒さんであれば
イベント等でそんな刺激的な仲間に
出会えます。

この年齢で、学習仲間を作るのは
ちょっとハードルが高い
と思われるかもしれませんが
そんな事ないですよ。
意外と気軽に知り合ってやり取り
出来ると思います。

また、友人という訳ではありませんが
ワンナップのアドバイザーを
仲間に見立てて頂くのもアリです!
とにかく一人でやるよりも
仲間がいた方がワクワクできます。
つまり上達が速くなります!!

自分の学習状況を語れる相手を
ぜひ見つけて下さいね!

以上、「気軽に真面目に学習論」でした!












続きを読む


今日の読み研

2017/07/16
英会話のコツ

本日も読み研を実施しました!

英語の読み方研究会の模様
いやー。
和気あいあい。
楽しく学べました!!

皆さんおっしゃるのが、
一人だとキツイけど、
みんなでやると楽しく出来る!
という点です。

知らない単語は意味を類推しながら進め、
文章全体がモヤモヤする時には
主語と動詞を確認しながら
文の構造を確認します。

するとあら不思議。
全体像が見えてきます!

更に、
きっとこんなストーリーのはずだ!
という風に意識的に予想しながら読みます。
これが意外とうまくいきます!

たとえば、
今日はpathという単語に出会いました。

the beautiful flowers along the path.

訳を割り当てられた人は
「path 沿いの美しい花々」
という所まで訳せましたが、
pathという単語がわかりません。

そこで周りのわかる方がヒントを出します。
○○沿いと言えば、アレしかないですよ!
ほら!あるじゃないですか!

えー?
道沿いじゃないですよね・・?

そうっ!!
道沿い!!!
path は道ですよ!

ええっ!pathって「道」で良いんですか?
道はroadだと思ってた・・・。

・・というやりとりで解決していきます。

roadももちろん「道」ですけど、
キャリアパスという言い方をしますよね。
あのパスはpathですもんね。

私の辞書ではthe path of a typhoon
というのがありますよ。台風の進路。

僕の辞書には
path = (歩いて踏み固めた)道
とか、(公園内の)遊歩道
って載っているので、
いわゆる舗装された道路とは
ちょっと感じが違うようですね。


という風に話しながら
単語の意味を深く知り
記憶に定着させます。

結果的に理解が深まり、
大変満足度が高いワークショップとなります。

ファシリテーションを担当するアドバイザーも
初見でのリーディングですので
一緒になって知らない単語を予想します。

だから、いわゆる上級者も
こんなテクニックを使って読んでいるんだ!
というのが、実体験できるかと思います。

英語のリーディングにはコツがありますので
ぜひそのコツを身に付けてくださいね!

ホームページにも
リーディングのコツが載っていますので
良かったらそちらの記事もご覧ください。

リーディングのコツ


いやー、みなさん。
今日も充実した時間でしたね!
また次回、がんばっていきましょう!!!




続きを読む


気軽に真面目に学習論 その3

2017/07/09
英会話のコツ

書く!書く!と言いながら書かなかった
ブログの続き。今日こそ書きます!

もう書く書く詐欺と言わせません!

気軽に真面目に学習論 その1では、
嫌々学習するより、
わくわく学習した方が効果が
上がりやすいという話でした。


気軽に真面目に学習論 その2では
やっぱり無理かもと思って学習するよりも、
イケるかも!と思って学習した方が
効果が上がるという話でした。

そのためには高い目標を
小さな目標(=手に届く目標)に分けて
やると良いという事です。


整理すると、

ワクワク勉強をして
目標を手に届きそうな範囲に設定すると
英語の上達に効果が高い

という事です。


しかしながらここで自ら反論です。

目標設定に関しては確かに
自分でコントロールできると思います。

ですが、ワクワク勉強するという、
「わくわく」を自分でコントロールするのは
難しいのではないでしょうか?

英語学習が嫌い!
(もしくは学習が嫌い!)

という感情をワクワクに変えるのは
至難の業かもしれません。


どうやったら学習にわくわく出来るのでしょう?


<仮説その1>
ゲーム感覚で取り組む。

英単語の暗記、文法の暗記を
ゲームもしくはクイズだと思って
取り組んでみましょう。

学習だと思わずに、
これはゲームだ!これはクイズなんだ!!
と念じていければそれに越したことはありません。

ちなみに、わたしは
TOEICの学習をしていた時、
だんだんただのクイズを解いている感覚に
なっていきました。

解けたら嬉しい!
間違ったら悔しい!

という感覚です。
時々昼休みに同僚に問題を出してもらい
当てたりはずしたりして一喜一憂してました。

あーー!!
くそっ!
そっちかー!!!

などと言っていると、
出来るだけ覚えて次は沢山当てたい!
と思えてきました。

みなさんが、もしそのように思えるなら
この<仮説その1>があなたにとっての
突破口です。

その昔、ドラゴンクエストなどの
シミュレーションゲームで
ただひたすらスライムを倒し、
経験値を増やしていた頃のように
ただひたすら単語を覚えて経験値を増やして下さい。


ああっ!

結構長くなってきたので、結局また次回に続きます!

今度はキチンと書きます!
次回に乞うご期待です!





続きを読む


過去の遺産

2017/07/06
その他

実は、半年前にこんなブログを上げていました。

気軽に真面目に学習論 その1

気軽に真面目に学習論 その2

そして、すいません。
続きを書くと言いながら、
はや半年・・・

いまだ書いておりません。

反省しております。

実は大分前に何人かの生徒さんに
あの続きはどうなってるんですか?
(・_・)?

と聞かれていたのですが




書いておりません。


onz




ごめんなさい。
<(_ _)>


そこで、書こうと思って過去のブログを
見直したのですが内容がガッツリ重いです。
過去の自分を恨みます。


近々、アップしますので
よろしくお願いします!!!





続きを読む


先日、新しい文法講座「分詞」を
実施いたしました!

↓写真は社内でのデモレッスンの風景


多くの皆様にご参加頂き、
有意義な講座となりました!!!

え?
分詞って何かって?

簡単に言えば、
ing や ed がついた単語(動詞)で
現在分詞と呼んだり、過去分詞と呼んだり
しているものです。

これらの分詞は
形容詞的に使う事がありますよー
とか、
分詞構文だとこう訳しますよー
とかいう説明をしていきました。

今回の講座ではリーディングのワークを
中心に行ったのですが皆様のお役に立てて
いたのなら嬉しいです。

スクールでは日々
小さなイノベーション
を起こしていこうと思っています。

講座の導入や新しい取り組み、
ルールの改善、教材の刷新、
ティーチングスキルのアップなど

日々の変化は小さいかもしれませんが
一年を通して大きく前進出来る様に
頑張っていきたいと思います!


続きを読む


パンダがじっと見ていた

2017/06/26
未分類

今月発行されたインスピレーションという
ニュースレターの表紙を飾っていたパンダ。



このパンダ。

同僚が普通に仕事をしていた時、
なんだか視線を感じるなぁと
フと、PCのディスプレイの下を見たら
カメラを抱えて見つめていたそうです。

↑あるアドバイザーからの
遊び心のあるギフトだったそうな。

さて。

見るという英語はいくつかあります。

see
look
watch

それぞれ

see 見える
look 見る
watch 観る

という感じのニュアンスの違いがあります。

だから、

昨日あなたの事を駅で見たよ!

という時にはwatchもlookも使いません。
seeを使います。

映画を観た

という時にはseeもlookも使いません。
watchを使います。
そして

ちょっとあれ見て!

という時にはlookを使います。


ではこのパンダのような場合はどうでしょう?

この場合は
gaze
がいいかもしれませんね。

gaze=じっと見る

ちなみに

stare=じっと見る

もあります。


ほぼ一緒の意味ですが
gazeの方がポジティブな響きがあるようです。
stareは「じろじろ見る」感があります。


なのでこのパンダは悪意のパンダではなく
善意のパンダとしてgazeでいきたいと
思います。

A panda was gazing at her when she was working.

という事で、
今回は少し英語の勉強でした φ(・_・”)

単語のニュアンスの違いを知ると
英語の正確性があがりますので
ぜひ少しずつ学んでいきましょう!






続きを読む


今日は講師会議を行いました。



レベルチェックのあり方について、
深く話をしています。

レベルアップの定義とは?
レベルチェックの精度はどう確認するか?
数か月休学していた人のレベルチェックは?

などなど、しっかりと話し合いました。
レベルチェックは客観性が大事です。
生徒さんとしても学習進捗の確認になるので
出来る限り正確に実施していきたいと思います。

先日、レベルチェックについて
生徒さんと白熱議論になりましたので
社内でも認識を合わせました!

より良いスクールにする為に
今後も頑張って参りますので
よろしくお願いします!




続きを読む


長い旅路の1ページ

2017/06/12
日々

昨日は長らく通われている多くの生徒さんと
食事をご一緒する機会がありました。



皆さんの英語力の向上・成長と共に
ワンナップも成長してきたので
生徒さんではありますが
まるで同志のような気持ちになりました。

そして皆さん、それぞれのフィールドで
ご活躍されていてすごく刺激になり、
そして嬉しく思いました。



(ノ_・、)
じーん。



ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします!




続きを読む


新作でました!

2017/06/08
その他

ショートストーリーの新作が出ました!

タイトルは「遠足を10倍楽しむ方法」です。
お時間のある時にご覧ください。

3分で読めるショートストーリー

数えてみたら今回で28本め・・・
涙ぐましい努力で毎回ひねり出しています。

スクールではバーベキューバスツアーの
お申込みを絶賛受付中。
参加予定の方や、参加を迷っている方には
ぜひ読んでもらいたい内容です。

よろしくお願いします。
<(_ _)>



続きを読む


一人壁ドン

2017/05/31
日々

本日、営業終了後。

同僚が壁にぶつかっています。




もとい、この写真撮影は
とある仕事の一環(一場面)です。
フフ。


シュールです。




続きを読む




1 2 3 82