掲題の件、横入り失礼します、を英語で言うと

こんばんは!

ヤマちゃん@ワンナップ英会話です!

 

雷すごいですね。

明日はムシムシかな〜。

 

さて。

今日はですね。

ワンナップの、オンラインサロンのメンバーの方から

お題をいただきましたのです!!

ありがとうございます!!!

 

早速訳したいと思います!!

ヤマちゃんすぐ忘れるからすぐやらないと!!泣笑

 

お題はこちら!

 

(メールにて)
・掲題の件
・横から失礼します
なるほどなるほどー!
メールの決まり文句って
お題で今まであったかなあー?
どうでしょ社長、たぶんないですよね?
新しい切り口!!ラブ
これは、見たことあるなあー。
講師からのメールとかで、見たことあるなあー。
今わたし、家でパジャマでテレビ観てたもんで、
ネイティブにきけないなあー。
記憶を辿りながら訳すとですね、
(言っておきますがヤマちゃんの記憶ったらもう、
ワンナップで、
いや東京で、
いや日本で、
いや宇宙で、
1、2を争うポンコツさですので
そのつもりでお読みくださいね?)
こんなかんじ!
・掲題の件
→ Regarding 〜〜 (〜〜につきまして
つまり、
そんな英語はありません!ドドーン!
じゃないでしょうか。
Regarding the matter in the header,
というような
表現もネット上には見られますが、
うーん、言うかなー?と疑ってますすごく。
the matter in the header
って打つより要件打った方が
早そうな気がしません?笑い泣き
お次は〜、
 
・横から失礼します
→ Excuse me for cutting in.
 
これはー、ググりました。
あ、これも!ググりました。
Sorry for cutting in.
Sorry (Excuse me) to jump in.
とかいくつか出てきたのですが、
一番丁寧そうな、無難そうなのにしてみました。
チャットとか掲示板的なサイトとかで
実際にネイティブに使われているページも
見つけたのできっとたぶん恐らく使うやつです。
メールで使うのかなあ。
見たことないと思うんですが、
そういうシチュエーションになったことがないから
かもしれないしなあ。
ちょっと違うけど、
それまでやり取りしてた担当がお休みで
代わりに返信する場合に
I'm emailing you on behalf of 誰々、
という書き方をしたことはあります。
あとこれもちょっと違うけど、
補足させてくださいってことで、
Please let me add more information.
Please allow me to explain further.
とかどうでしょうか。
でもなんかなー。
誰かが説明してるとこに補足で入るってなって
これ言うと、
元々説明してた人に対してちょっと冷たく感じなくもないような、、
考えすぎかなあ。
Excuse me for cutting in.
Please allow me to add a little more information just in case.
みたいにまどろっこしく書くと、
気を遣って横入りしてるよ感が出るのでは
ないでしょうか。
意外とそういう言葉尻気にするネイティブ多いなと
思ってるので、慎重派ですわたしは(笑)
関係性によっては、
Sorry to jump in but let me explain further.
とシンプル・カジュアルでも行けると思いますが、
ノンネイティブが使う英語は丁寧にする方が無難
なので、あんまりオススメしないかなー。
と思いますー!!!
すごい!
真面目!!!
普段の英訳の雑さが強調されますねこれは!!
社長、心優しいサロンメンバーさまより
お題いただきました( ;∀;)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事