仕方ないシロガネーゼを英訳すると

こんばんは、ヤマちゃん@ワンナップ英会話です。

今日は色々な事が起こりました。
日々ドラマがあります。

とりあえず久々に一日しゃべりっぱなしで
喉カラカラでした。

うーん、ビール飲みたい!

では、ビールの妄想の前に真面目に英訳しまーすビール

あっしまった酔っぱらい。

ああ、心の声が語尾ににじみ出てしまう酔っぱらいおやじ。

はい、お題かんぱーい

この間、「仕方ないじゃん」と言ったら、
「えっ、シロガネーゼ?」と聞き返されました。

(ノ´▽`)ノ
思わず笑っちゃいました。

好きです、そういうの。

それは仕方ないじゃん、といったのに
それはシロガネーゼ、だと急になんかコミカルになりますね。

私はよく、ギリギリ聞き取れていても
あえて全然違う言葉で聞き返してウザがられます。

聞こえてるでしょ!って。

うん、まあね、そうだけどさ、そうだったら面白いなって。ね?って。

って。

そういうことです。

しかし、それはもう、あの、たぶんですけど、絶対に、
訳しちゃいけないやつですよね???

日本語の音だから成立しているというのに・・・

えっまさかこれを、この感じを、英語の聞き間違いに
置き換えて訳すとかそういう超高度な事期待してます!?

おお、さすが英会話スクールのアドバイザー!みたいな!?

無理Wハート

じゃああえて直訳?


I said "It can't be helped."
They thought I said "Shiroganese".

ほらほらほら意味分からない!!!

これはもう、

"Shikata-nai-jan"
"Shiroga-ne-se"

でいくしかないやつですよ!
もしくは超高度な訳に挑戦するか・・・

いや、すいませんしません。

社長、これは、そんな英語はありませんというか、
それは英語では言えません、ですね。

4年連続!顧客満足度98%以上
クチコミで話題のマンツーマン英会話スクール
ワンナップ英会話
http://www.oneup.jp
0120-25-3781
無料体験レッスン随時受付中!
-----

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事