オンライン英会話で伸び悩んでしまう人の8つ特徴と改善策

オンライン英会話の人気は高く、現在では多くの英会話スクールがオンライン英会話サービスを展開しています。

しかし、オンライン英会話を始めたものの、上手く話すことができずに伸び悩んでいる人も中にはいます。

オンライン英会話で伸び悩んでしまう人や、レッスンで学んだことを身につけることができない人には、どういった理由があるのでしょうか。この記事では、オンライン英会話で伸び悩んでしまう人の特徴や、伸び悩んでしまった際の改善策をご紹介していきます。

オンライン英会話で伸び悩みを感じている方はぜひご参考にしてください。

 

オンライン英会話で伸び悩む人の特徴

 

オンライン英会話のレッスンで学んだことが理解できない、学んだことをうまく話すことができない、といった悩みを持つ人にはどのような特徴があるのでしょうか。

オンライン英会話で伸び悩む人によくある、代表的な特徴を8つ紹介します。

 

特徴①レッスン以外何もしない

 

レッスン以外に何もしない状態だと、英会話の知識やスキルはなかなか身につきません。

レッスンが終わったあとには満足感や達成感を得られますが、この感覚を知識が身についたと勘違いしてしまうことがあります。

特徴インプットができていない

 

間違った勉強法をしていたり、疑問点を放置したままにしたりすると、レッスンで学んだことを正しくインプットできません。

 レッスンを真面目に受けているのに、なかなか成果に結びつかない場合は、勉強法を改善した方がいい場合があります。

インプットができれば、そこから話題や発言のバリエーションが増え、成果に繋がる可能性があります。

インプットの重要性と具体的な方法に関しては、以下に記載していますので是非ご覧ください。

英会話学習におけるインプットの重要性とその具体的な方法

特徴③予習・復習ができていない

 

レッスンの予習・復習ができていないと、学んだことをうまく定着させることができません。

 数十分~数時間のレッスンのみですべてを理解することはできないので、知識を高めるには予習・復習は必須といえます。

 

特徴レッスンに目標を持っていない

 

レッスンに目標がない人は、英会話のレベルに伸び悩むことが多い傾向にあります。

目標の例としては、英会話を学んでアメリカに行きたい、レッスンで分からなかった部分は必ず解消しておきたい、学んだフレーズを使えるようにしたい、といったものがあります。

 

何も目標を持たずレッスンを受けるとモチベーションが下がり、伸び悩みにつながることがあるので注意が必要です。

 

特徴レベルや目的に沿ったコースを選べていない

 

自分のレベルや目的に合ったコースを選べていない場合は、うまく知識を身につけることができません。

たとえば、英会話の初心者が少し背伸びをして上級コースを選んでも、レッスンに追いつくことができないため知識は身につきません。

その結果、自信を失ってそのまま辞めてしまう、といったこともあるので、自分に合ったレベルのコースを選択する必要があります。

 

特徴⑥同じ講師のレッスンに偏っている

 

同じ講師のレッスンばかり受けることが、伸び悩みの原因となることもあります。

 

独特のスラングや文法を教えてくれる講師や、積極的にコミュニケーションをとろうしてくれる講師など、講師によってレッスンのスタイルや喋り方は大きく異なります。

 

同じ講師のレッスンを受けていると、レッスン内容や知識に偏りがでる場合があるので、注意しましょう。

 

特徴⑦会話量が少ない

 

スピーキング(会話)をあまり重視せずに、文法に重点を置いている英会話スクールも存在します。

 

英語を話す上で文法はもちろん大切なことですが、英文法だけ学んでも上手に会話をすることはできません。

フリートークの時間がほとんど設けられていないレッスンや、沈黙の時間が長いレッスンだと、モチベーションが下がってしまい、伸び悩みに繋がりやすくなります。

 

特徴⑧指摘のないフリートークレッスンばかりしている

 

会話量が少ないレッスンだと伸び悩みを感じやすくなると上記で紹介しましたが、一方でレッスンでの会話量が多い場合にも、注意が必要です。

多くのオンライン英会話のレッスンでは、レッスンで習ったことをアウトプットできる、フリートークの時間が設けられています。

 

しかし、フリートークは気楽に話すことができる反面、文法の間違いがあまり指摘されず、同じ言い回しを続けてしまうことも珍しくありません。

その結果、正しい文法や単語の知識が身につかず、伸び悩みを感じることがあるため、注意する必要があります。

 

オンライン英会話で伸び悩む人の改善策

 

オンライン英会話で伸び悩みを感じる人には、さまざまなパターンが存在することがお分かりいただけたかと思います。

伸び悩みを感じた際の効果的な改善策として、代表的な方法を5つ紹介します。

 

改善策①レッスン以外で英語力を強化する

 

オンライン英会話以外にも、英語力を強化する方法があります。

たとえば、英語の参考書は問題集を解くことで英文法の理解を高めることができます。

また、英語学習アプリではクイズ感覚で英単語を覚えられます。

 

オンライン英会話のレッスンと並行して、さまざまな勉強法を実施することで、より英語力を高められるという効果があるのです。

 

改善策予習・復習の練習方法を見直す

 

オンライン英会話のレッスンの効果を高めるには、日頃の予習・復習が欠かせません。

予習しておくことでレッスンの理解力を高め、復習することでレッスンの内容を整理し、知識を定着させやすくなります。

 

レッスンの内容やレッスンの時間にもよりますが、最低でも30分は予習・復習に時間を使うようにしましょう。

また、疑問点や難しいと感じた部分は放置せず必ず質問して解決するのがいいでしょう。

 

改善策③目標・目的を設定する

 

英会話を学ぶ目標・目的を事前に決めておくことで、高いモチベーションを維持できます。

 

自分が設定した目標・目的を達成するためにレッスンに取り組むことで、より前向きな姿勢でレッスンを受けることができます。

前向きな姿勢になると集中力も上がり、積極的に質問ができるようになるので、疑問点が解消しやすくなることも期待できるでしょう。

 

改善策複数の講師からレッスンを受ける

 

オンライン英会話のレッスンは、講師によって教え方が大きく異なります。

講師の教え方が厳しくてレッスンが辛い、講師の話すスピードが早くて聞き取れないといったことがあると、モチベーションが低下し、伸び悩むことがあります。

 

このような事態を回避するために 、多くの講師によるレッスンを受けて自分に合った講師を見つけましょう。

 

改善策⑤毎日英語を話す

 

高い英語力を身につけるためには、常に英語のことを意識しておくとより効果的です。

そのため、もし可能であれば毎日英語で話す習慣を身につけるといいでしょう。

例えば、海外の友人と通話をする、家族との会話に英語を取り入れるなど、日常で英語を話す場面は多くあるので、チャレンジしてみることをおすすめします。

 

テンションが下がった時は

英会話学習にはやる気のアップダウンがあります。

こちらの記事ではテンションが落ちる原因を詳しく紹介しています。

あわせてお読みください。

英語へのテンションが落ちた時は

オンライン英会話で伸び悩みがある場合は理由を調べて改善することが重要

 

いかがでしたでしょうか。

 オンライン英会話は自宅で英会話のレッスンが受けられる便利なサービスですが、途中で伸び悩みを感じてしまう人も多くいます。

伸び悩んでしまう原因の一例を挙げると、講師の教え方が合わない、予習・復習をしていないといったものがあり、人によって原因は異なります。

 まずは自分が伸び悩んでいる原因を判明させ、原因が判明したらそれを改善できるように行動していくことが重要です。

 

ワンナップ英会話では、生徒の皆様が伸び悩みを感じることがないように、充実したサポート体制をとっています。

現在のオンライン英会話に不満を感じている方や、これから英会話を始めるのに不安がある方は、あきらめずに学習を続けられるようにフルサポートで支援するワンナップ英会話にお問い合わせください。

マンツーマンのオンライン英会話教室ならワンナップ英会話

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事