英語で「そうなの?」
Did you?

 

「そうなの?」

という意味です。

 

え?

訳がしっくりこない?

 

確かに文脈によって訳し方は色々と変わるのですが

こんな時にこんな感じで使ってください!

 

ネイティブ:I went to Hakone yesterday.

あなた: Oh, did you?

 

はい。

そうなんです。

 

これは相手が何かを言った時の相槌で使うフレーズなのです!

 

上記のシチュエーションの場合、
多くの方が

Really?

という言葉を使っているのではないでしょうか。

 

もちろんReally? で全く問題が無いのですが

Did you? という表現をネイティブは結構使います。

 

私達がreally?を多用する理由は、

相手がどんな文を使っていても、

例外なく受けられる便利な単語だからです。

 

これに対し、Did you? を使えるのは

相手が一般動詞を過去形で使った場合に限られます。

(一般動詞とはbe動詞以外の事です)

 

つまり文によっては

Were you?

とか

Have you?

Are you?

Didn’t you?

Is it?

Did she?

 

などとバリエーションが出てくるので厄介です。

相手の文章の主語と動詞の形に合わせる必要があります。

なので、パッと出すのが難しいのです。

 

しかし、これを言ったらネイティブっぽいですよ~。

こなれている感じもします!(英語が上手に聞こえます!)

“really” 以外の相槌のバリエーションがあると

同じ表現を毎回使ってしまうという事がなくなり

自分自身としても、うまく喋れたかも!と思えます。

ちなみに発音は

Did you? ↓(語尾下がり)

Did you? ↑(語尾上がり)

 

どちらでもいけます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事