無料体験レッスン 資料請求 メニュー

INFORMATION

無料体験レッスン申し込み 資料請求

Western Weddings

Western-style weddings are popular in Japan these days. However, they are quite different from traditional Western weddings. For example, did you know that a “wedding party” is not a social event but is actually a group of people? That’s right! In Western weddings the “wedding party” is the group of people who participate in the wedding ceremony. This group includes not only the bride and groom but also some of their closest friends and family members. Traditionally, they acted as witnesses to the wedding ceremony. Today, it is an honor to be asked to participate in someone’s wedding.

The bride chooses three or four of her closest female friends or relatives to be in the wedding ceremony. These women are called “bridesmaids” and they help the bride plan the wedding by giving her advice about what wedding dress to choose, what food to serve at the reception, and so on. The chief bridesmaid is called “the maid of honor” and she is in charge of planning the bridal shower.

The groom chooses three or four of his closest male friends or relatives to be in the wedding ceremony. These men are called “groomsmen”. The chief groomsman is called “the best man”. The groom usually asks his best friend, brother, or even his father to be his best man. The best man’s job is to keep the wedding ring safe until the day of the wedding. He also plans the groom’s bachelor party.

Japanese weddings consist of a ceremony, reception and after-party but most guests are only invited to the after-party. In Western weddings, guests attend the ceremony and the reception but there is no after-party! The reception is the party; it’s where the newlyweds and their guests eat, drink and dance. The reception ends when the bride and groom leave. The guests gather outside and toss rice at the newlyweds as they exit the reception hall and depart for their honeymoon.

Why do the wedding guests throw rice? Traditionally, rice was a sign of prosperity. However, these days more and more people throw birdseed instead. The reason why is that many birds eat the rice, but rice isn’t good for birds.

Brian

こちらから音声も聞けます!
●スローver.

●ナチュラルスピードver.




近頃の日本では西洋スタイルの結婚式が人気です。しかし、日本で行われている結婚式は伝統的な西洋の結婚式とはかなり違います。たとえば、「ウェディングパーティー」というのはイベントのことではなく、実は人の集まりを表すことを知っていましたか?そうなんです!西洋の結婚式では、”wedding party”は結婚式に参加する人たちのことなのです。これには新郎新婦だけでなく、親友や家族も含まれます。かつては、この親友や家族が結婚式の証人という役割でした。現在では、結婚式に招待されること自体が特別であるとされています。

新婦は、結婚式に出席してもらう女性の親友や親戚を3~4人選びます。この女性たちは”bridesmaids”と呼ばれ、新婦がどんなウェディングドレスを選ぶべきか、どんな食事を披露宴で提供すべきかといったアドバイスをすることで、式の計画を手助けします。bridesmaidsの中でもチーフにあたる人は”maid of honor”と呼ばれ、ブライダルシャワー(新婦とその友人・親類による前祝いパーティー)の計画を任されます。

新郎も、結婚式に出席してもらう男性の親友や親戚を3~4人選びます。この男性たちは”groomsmen”と呼ばれ、その中のチーフにあたる人は”best man”と呼ばれます。新郎はたいてい、親友や兄弟、あるいは父親にbest manを頼みます。best manの役割は結婚式の日まで結婚指輪を安全に保管することです。また、新郎の独身さよならパーティーの準備もします。

日本の婚礼は結婚式、披露宴、二次会で構成されていますが、ほとんどの客は二次会にしか招待されません。西洋の婚礼では、招待客は結婚式にも披露宴にも出席するのですが、二次会というものがないのです!披露宴そのものがパーティーであり、新婚夫婦と招待客は食べたり、飲んだり、踊ったりします。新郎新婦が退場すると披露宴が終わります。招待客は外に集まって、披露宴会場を出て新婚旅行に出発する夫婦に向かってお米を軽く投げます。

どうして結婚式の招待客はお米を投げるのでしょうか?伝統的には、お米が繁栄の象徴とされていたからです。しかし、近頃はお米の代わりにバードシード(飼い鳥用の粒餌)を投げる人が増えてきています。なぜかというと、たくさんの鳥がその投げられたお米を食べてしまうのですが、鳥がお米を食べると健康に良くないからです。

 

記事カテゴリー

 

ブログ最新記事

ameblo

無料体験レッスンでは、
TOIEC900点以上のアドバイザーによる
英語学習のアドバイス
ネイティブ講師によるレッスン
を体験いただけます

無料レッスンイメージ

事前カウンセリング

→
無料レッスンイメージ

マンツーマンレッスンの受講

→
無料レッスンイメージ

アフターカウンセリング

お電話での
お問い合わせ

新宿・品川・銀座・恵比寿・日本橋八重洲・横浜全校共通お問い合わせ

無料体験レッスンの
お申し込みはこちら
   

新着記事

   

2019/11/12

過去のイベント
     FEEL English! 2019.11.10
   

2019/10/26

過去のイベント
     運動会 2019
   

2019/10/24

スクールブログ
     第2回運動会!!!!
もっと見る

講座・イベント情報

 
イベント

過去のイベント -Events-

日常を彩る季節のイベント

過去のイベント -Events-

日常を彩る季節のイベント!

英語学習お役立ちコラム

 
オリジナル短篇集

オリジナル短篇集 -Short Stories-

学びのあるライフスタイルの提案

オリジナル短篇集 -Short Stories-

学びのあるライフスタイルの提案!

SPECIAL CONTENTS

ビジネスで使いたい方へ 喋れたらいいな。と思う方へ 法人向け研修
トップへ戻る