生徒の声インタビュー 染野幸司様

【染野幸司さん(恵比寿校)プロフィール】
金融機関勤務。TOEICのスコアが400点台から850点に上がり、目標としていた国際部門への異動を実現。英会話は周囲の協力を得られず一度挫折。グループレッスンで英語学習を再開するが、マンツーマンレッスンで自由に予約ができるという点でライフスタイルに合うワンナップ英会話に再入会。


英会話を始めた理由

- 英語を始めようと思ったキッカケを教えてください。

キッカケは当時住んでいたマンションにワンナップのチラシが入っているのを見たからです。その時初めてワンナップを認識しました。当時は仕事で英語は必要なく、チラシを見た時は「へー、近所に英会話スクールがあるんだ。無料体験レッスンもやってるんだ」と思ったくらいでした。でもそれだけで、その時は体験レッスンにも行っていません。

- その後ワンナップに行ったのは何か転機があったんですか?

たまたま暇だったからです(笑)私は銀行で働いていたんですけど、「社内にはどうやら国際部門というのがあるらしい。将来的には英語は出来ないよりも出来た方が良いらしい」と漠然と思っていました。それである時、時間があったので何となく無料体験レッスンに行ってみました。実はホントにそれだけなんです(笑)


ワンナップ英会話に入会した決め手

- その時、すぐに申し込んだんですか?それとも持ち帰って検討したんですか?

いや、その時は持ち帰って検討したと記憶しています。でも、HUBでビールを飲みながら英語を話すっていうイベントがあるじゃないですか。実はそれに参加して、その後で入会を決めたんです。

mr.someno - 本当ですか!?FEEL ENGLISH!にいらっしゃっていたんですね!

もともと、HUBの存在は知っていて、HUBでお酒を飲みながらレッスンっぽいことが出来るのは面白いなと思ってとにかく一度行ってみようと思ったんです。それで少しスクールの敷居が下がった気がします。その時のテーマが、確かワークライフバランスについてディスカッションするっていうような・・・

- 確かにそういうテーマでやっていました!どうでした?FEEL ENGLISH!は?

それが FEEL ENGLISH! に行っても結局全然喋れなくて・・・。ただ汗かいて、飲んでで、、、その時は全然だめでした(笑)それでやっぱりやろう!と思って入会しました。

- 英語はもともと得意な方でしたか?

いえ。大学の受験科目に英語があっただけで経験としてはそれくらいです。


レッスンを受けて

- 英語を習い始めて調子出てきたなと思ったのはいつくらいでしたか?

比較的早い段階だったと思います。入会してからしばらくしてTOEICのテストを受けたらスコアが500点台後半にまで上がっていたんです。会社で受けた時は400点台半ばくらいだったので結構上がったなと思いました。アドバイザーの方からは、もともと受験勉強で基礎はしっかりやっていたので染野さんだったら少しやればすぐに伸びていくと思いますよって言われていたんです。でもその時はまだスクールやアドバイザーを信用していなくて、かなり訝(いぶか)しがっていったんですけど(笑)
そしたらホントに上がったのでもうちょっとやってみようかなと。その後も半年に一回くらいTOEICを受けたんですが、スコアは着実に上がっていったので、「ああ、ちゃんと伸びるんだな」と思って頑張れました。

その後TOEICのスコアが600点台半ばくらいまで来た頃から、異動したいっていう気持ちが出てきました。当時銀行では730点が国際部門に行く一つのボーダーとして位置づけられていて、もうちょっとやったら国際部門にいけるのではないかと思ったんですよね。そうして学習を続けているうちに、いつのまにか国際部門に異動することになりました。

- それは自ら手を挙げて異動したんですか?

はい。手を挙げました。TOEICのハイスコアが更新する度に人事部にスコア証明書を提出していたんですよ。そうすると人事データ上でTOEICのスコアデータが書き換えられていきました。そういう事も一つの理由で異動という形になったのかなと思います。


TOEICについて

- 現在のスコアは?

今は全然TOEICは受けてません。かなり前のスコアになりますが最高点は850点です。

- すごい!普通に400点台で入社して850点になるって結構夢のような話ですね。

確かにそれはそうなんですけど、スコアが上がって実際に国際部門に異動になり、実務で英語を使うようになってくると、TOEICだけでは足りないんです。やっぱり実用的なスピーキングの力が求められてくるので、もっとやらなきゃいけないなという気持ちが出てきました。

- TOEICの対策はしましたか?

やりました。でも購入したTOEICのテキストは1・2冊かな。それからリスニングの勉強がすごく嫌いで、リスニングの勉強は正直あまりやっていなかったです。

- 傾向的にワンナップの生徒さんは何もしなくてもリスニングはどんどん上がっていきます。そういう意味では、やっぱり50分のレッスンは効いたのでしょうか?

そうですね。マンツーマンレッスンでリスニングは鍛えられたと思います。それは大きかったと思います。


挫折からの再開

- 挫折したこと、もしくは難しいなと思った事はありますか?

いやー。ありましたねー。実は私は一度、通い切れずに残りのレッスン回数をかなり残してドロップアウトしてます。

- そうでしたか!?順調に来られたように思っていましたが。

そうなんですよ。実は当時、英語学習に対する周りの協力が得られなかったんです。それで家での予習復習が出来なかったんですよね。あの時は挫折だったと思います。やっぱり英語ってコンスタントに週に二回はワンナップに通うとか、自宅で予習復習するとか重要だと思うんですけどそういう事が出来ない時期があったんです。

英語学習で大事なのは、やはり続けていくということだと思うんです。もちろん自分自身の英語を学びたいという向上心や継続していく気持ちが重要だと思うんですけど、続けていくための環境作りも大事だと思います。私が上手くなかったのはそういった状況を周りに理解してもらう努力をしなかった事ですかね。その時は家庭とワンナップ、どちらが大事だっていう・・・

- それは家庭です!間違いないです!染野さん正しい!!

ただ、その時一か月間通っていなかったら、ワンナップから「最近来ていませんが、ぜひレッスンに来てください。予約を承りますよ」っていう電話が初めてきたんですよね。普通にコンスタントに通っている時は知らなかったので、おお!こんなシステムがあったのか!と驚きました(笑)あ、このスクールほっとかないな。なんだこの面倒見の良さは!と。(笑)

- 一度挫折をしたという事ですが、その後どのように復活したんですか?

その後状況が変わって時間を取れるようになったんです。それでまた学習に時間を使えるようになりました。でもその時はどこに通う事もなくワンナップの教材の復習とか市販のテキストで学習をしていました。そうやって自宅学習をしていたらまた英語が少しずつ伸びてきたんですよね。そうこうしているうちに、会社では外国人とのミーティングが頻繁にある、より英語を使う部署に異動することになりました。それでさらに仕事で英語を本格的に使う事になって、これはまずいと思ってもう一度英会話スクールにいこうと思いました。ちょっと言いにくいんですが実はその時、当時住んでいた所の近くにあった大手英会話スクールのグループレッスンに行ったんです。10回完結1万円みたいなキャンペーンのコースがあって、それを受講したんですが個人的にはちょっとこれは継続できないな・・と思って。それでもう一度ワンナップの門を叩いたんです。いやー。あの時は相当恥ずかしかったです。一回ドロップアウトしたという気持ちが強くて。

mr.someno
- なぜそのスクールだと継続しないと思ったんですか?

理由はいくつかあるんですけど、グループレッスンだったので使う教材が決まっていました。それが自分に合わなかったという事と、一人当たりの喋る時間がかなり限られていた事、それから固定制のレッスンで時間割が決まっていた事。振り替えレッスンも私のレベルだと空いている所があまりなくて。その時はすぐに英語を上達させたかったのでこのグループレッスンを続けていいのか、、と思って。それでやめました。

- そのスクールでのレッスンはどうでしたか?

そうですね。正直私は結構レベルの高いレッスンに入る事になったんですけども、ただどうしてもグループの数に限りがあるんですよね。グループの数と生徒さんの実力のステージの差があり過ぎるので、無理矢理レッスングループを合わせているところがあるんですよね。ペアワークの際でも向き合っている生徒さんとのレベルの差もあり、この5分は無駄だなぁと思ったりしました。

- なるほど。一応公平を期する為にグループレッスンのメリットも私達の方で付け加えさせて下さい。グループレッスンでは費用が安い事、リーズナブルだから続けやすい事、一緒に学ぶ仲間が出来る事、他の人の英語が聞けることなど、様々なメリットがあります。特に気が合う学習仲間が出来たらモチベーションの維持にはとても役に立ちます。それから固定制というのも週一回必ずその時間は英語!と自分に強制力をつけるという点で効果がありますよね。

さて、その時の染野さんはご自身のスタイルはワンナップが合っていると考えて再開されたんですね?


はい。その時は最初に入会した品川校ではなく、職場に近い東京日本橋校にいきました。そして今は自宅に近い恵比寿校に通っています。その時々のライフスタイルに合わせて校舎を変えられる点も学習を続けやすくていいなと思います。

- 再開後も予習・復習はちゃんとやっていたんですか?

はい。それは一番初めの体験レッスンの時に、自宅での学習方法も教わったんですね。また12回毎にカウンセリングがあるので、常にその時々のアドバイスを頂いてそれを参考にしてました。

- 実は別のインタビューでも生徒さんが同様の事を仰っていました。順調に上達していく方はもらったアドバイスを素直に行動に移している方が多い気がします。

それはですね、アドバイザーのアドバイスが抽象的じゃなく、わかりやすいからだと思うんです。ただ「読みましょう」「書きましょう」とかじゃなくて、「今は簡単な英文を沢山読む時期です」っていう風に私の状況を理解して、かなり具体的にアドバイスくれます。他にも「今は沢山聞くときです」とか。直近で頂いたアドバイスは「今は速く喋る練習をしましょう」と言われています。ただ単に「読みましょう」「書きましょう」って誰でも言えるじゃないですか。そんなのはわかっていますしね。やっぱり腑に落ちるとやってみようと思えます。ただ毎回カウンセリングで時間を掛けて頂いてるので、アドバイザーの皆さんにご迷惑をかけてるんじゃないかと思う事もありますが(笑)

- 大丈夫です!それがアドバイザーの本分です!

ホントですか?この人何時に帰るんだろうって思われてるんじゃないかって(笑)

- アドバイザーに関わる事で印象に残っている事はありますか?

そうですね。結構厳しかったアドバイザーさんの一言が印象深いです。
「そんなペースじゃゴールまでたどり着かないですよ」ってバシッと言われて本当にそうだなと思いました(笑)優しい言い方もあれば厳しい言い方もあってかなと思うんですけど、人間って大体つらい事を言われた方が覚えているじゃないですか。そういう意味で僕には良いアドバイスになりましたね。グサッ!ときました(笑)

mr.someno

ワンナップにしかないサービス

- スクールでご友人が出来たと伺っていますがどのように知り合いましたか?

イベントがキッカケですね。特にバーベキューは一番友達が増えた気がします。ビールの缶を持ってフラフラ歩いて、「僕は恵比寿校なんですけど、どちらのスクールに通ってますか?」みたいな感じで話が始まることが多いです。その後のイベントでも顔を合わせた時に、「あれ?この間のイベントにいらっしゃいましたよね?」という感じで徐々に知り合いになる感じです。みなさん仕事も英語も頑張っている感じの方が多くて刺激になります。

- スクールで友人は欲しいと思っていましたか?

いえ、私はただ英語力を向上させたかっただけで友達が欲しいとは思っていませんでした。マンツーマンレッスンですし、知り合いが出来るとも思っていませんでした。でも実際は仲良くなった男性3人組でレッスン後に飲みに行ってそのままカラオケ行ったこともあります(笑)友人として今でも連絡は取り合っています。やっぱり目的意識が同じ仲間がいるのはいいなと思っています。それから、その知り合いになった方々が結構英語が上手くって、イベントで彼らが英語を話しているのを見ると「自分もああいう感じで話したいなぁ」って思っていました。それは良い目標になりました。

mr.someno mr.someno mr.someno

- モチベーションが下がった時などはありましたか?

モチベーションは維持出来ていると思いますが、来れない時期はありました。実は再開してから一回、「最近きてませんよー」という“一か月電話”をもらったんですよ。ちょっと忙しい時期だったんですよね。あの時は「ああ、間を空けずに行かないとなぁ」と思いました。行けば問題ないんですけど、行くまでが正直ダルイんです(笑)

ただ私は英会話ってそんな簡単に身に付かないなと思っているんです。ワンナップのホームページかどこかにあったと思うんですけど「英語は簡単に身に付かない!」って英会話スクールらしくないことが正直に書いてあったんですよね。その正直さがワンナップを選んだ理由でもあるんですが、いわゆる「聞くだけでベラベラ」っていうのはあまり信じられなくて。やっぱり長くやっていかなければならないからこそ、続けられる仕組みが必要だと思います。一か月電話や12回に一度のカウンセリングとか、そういったマイルストーンがあって、飽きずに一歩一歩進んでいけるのではないでしょうか。

- スクールのサービスの中でワンナップらしいなと思う事を教えてください。

レッスンでは間違って話した英語をたくさん直してくれるんですが、それを毎回詳しくシートに書いて渡してくれるのは有り難いです。以前少し通った大手スクールではそこまでノートを書いて明示してくれるシステムはありませんでしたから。

あとはイベントに参加して、イベントの中で外国人の先生と喋れるっていうのは得だなっていう感覚があります。そういう時の外国人の先生との会話が楽しくて、それがモチベーションにつながるなという風にも思うんですよね。バーベキューだったら一日遊んでビール飲んで、おいしいバーベキューを食べて英語喋り放題ってホントにいいなって思うんですよね。普段のレッスンでは時事英語をやる事が多いですが、イベントではくだらない事をたくさん喋るホントに良い機会です(笑)

それから妻が以前大手のスクールに通っていて、そこはちょっと料金が高い所だったんですけどレッスンの自由度が少なかったそうです。またそのスクールには営業の人はいますが、ワンナップのアドバイザーにあたる役割の人がいないんですよ。妻もワンナップで学習を始めて、アドバイザーの存在は新鮮だと言っていました。実際私が10回通った大手のスクールにもアドバイザーにあたる人はいませんでした。自宅学習の仕方や学習のツールについても詳しく教えてくれる点は良いところですよね。

- アドバイザーは染野さんにとってどんな存在ですか?

うーん。第二の先生という感覚かなぁ。いつもレッスン後に分からなかった部分を教えてくれるのですごく助かっています。アドバイザーに質問できなかったら悶々としたまま帰る事になっていると思います。ふと疑問に思った事を聞けるので助かります。
僕が以前通っていたスクールではネイティブと日本人講師が半分半分でレッスンをやっていて、ネイティブに聞けない部分を日本人講師がフォローをするスタイルでした。でもワンナップでは全てネイティブにレッスンをしてもらって、そのフォローはアドバイザーの方にしてもらってるのでその方がレッスンでは100%時間を会話に費やせるし、ちゃんと理解も出来るのですごくいいと思います。

実際、アドバイザーと喋るだけでモチベーションが上がります。事務的な対応だけじゃなくて雑談もして、TOEICがハイスコアの方が多いのでわからない事があったら相談して、っていうのはモチベーションの一つになっていますね確実に。スクールに来る前に今日の外国人講師は誰だろうと思うのと同時に、今日はアドバイザーは誰がいるんだろう?とか思いますもん(笑)。もしアドバイザーがいなくて、先生と事務的な受付の人だけで運営されていたら、スクールの魅力は半減ですね。なんだか普通のスクールになっちゃうというか。


これから英会話を学ぶ人へ

- 今から英会話を始める人にアドバイスをするとしたら?

英語はそんな簡単に習得できないというのは言えると思います。でもやればちゃんと身についていくものだとも思います。だからこそ費用やシステムを含めて長く続けられるスクール選びをすることが重要だと思います。

英会話を始める人は、長く続けられる自分のスタイルをまずよく考えた方が良いと思います。私の場合は、定期的なカウンセリング、レッスンの内容をカスタマイズ出来る、それからイベント、自由予約制、・・・といった点が僕が続けられたポイントですかね。

受講ペースに関して言えば、例えば英会話スクールに体験に行った時に向こう一年間自分が忙しくなるか暇なのかっていうのはわからないと思うんですよね。だから自由度があった方が続けられると思います。続けていけなくてドロップアウトするのはホントもったいないと思います。

オンライン英会話に関しては良い点もあるんですけど、これは人によるんでしょうね。安さと気軽さという意味ではメリットがありますが、カリキュラムをどうするのか、モチベーションのキープと復習をどうやっていくか、という課題をクリア出来れば良いのではないでしょうか。

- ありがとうございました!



その他の生徒の声インタビューは下記よりご覧になれます。

» 生徒の声 染野幸司様
» 生徒の声 N様
» 生徒の声 K.F様
» 生徒の声 A.Y様
» 生徒の声 江森千紘様
» 生徒の声 田村敦様
» 生徒の声 池谷明浩様
» 生徒の声 伊藤義之様
» 生徒の声 【ラジオ対談】西村有紀子さん
» 生徒の声 【ラジオ対談】若鍋孝司さん
» 生徒の声 【ラジオ対談】A.Nさん
» 生徒の声 【ラジオ対談】大野理恵さん
» 生徒の声 No-23
» 生徒の声 No-22
» 生徒の声 No-21
» 生徒の声 No-20