生徒の声インタビュー N様

【Nさん(恵比寿校)プロフィール】
当初は小さなきっかけでワンナップで英会話を学び始め、徐々にレベルアップ。受講開始時は看護師。学習を続けていくなかで大学院受験を考えるようになり、一念発起して大学院を社会人受験。英語の試験もある狭き門を見事合格。目標レベルに達し、ワンナップ英会話を晴れて卒業。現在は新しいキャリア構築の為に大学院に在学中。

英会話を始めた理由

- 英会話をやろうと思った理由を教えてください。

もともとはアロマセラピーをしていて、先生が外国の人だったので自分で直接話がしたいと思って始めました。通訳の先生はいたんですけど。
それまでも旅行したり、海外に全く興味がなかったわけでもなかったので、それくらいの、趣味にもならないくらいの軽い感覚で始めようと思ったのが動機でしたね。ちょうど英会話教室を探していたら家のポストにワンナップのチラシが入っていたんです。

実は学生の時に大手英会話に通っていたことがあったんですが、当時は45分で3人1組のグループレッスンで、始めのあいさつをすると実際のレッスンは40分くらい。それだとちょっと物足りないなと思っていました。ワンナップは1レッスン50分だし、マンツーマンだし、オリジナルのテキストを作っているし、採用率が低くて先生を選ぶのも厳しいとウェブに書いてあったので良さそうだなと思いました。

- それで体験レッスンを受けたんですね。

はい。当時はまだ恵比寿校ができていなかった頃だったので品川校で体験レッスンを受けました。その場で申込みはしなかったんですけど、心では通おうって決めていました。50分が充実していたし、ポジティブにやる気にさせてくれて、帰り道が気持ち良かったことを今でも覚えています。


ワンナップ英会話に入会した決め手

- 他の英会話スクールは検討されましたか?

他のマンツーマンのスクールとか、カフェレッスンも見てみようかなと思っていたんですけど、実際にワンナップの体験レッスンを受けてみたらもうその必要はないなと思いました。ただ、前に通っていたスクールに良いイメージがなかったので、英会話スクール自体には警戒していました。前のスクールには2年くらい通っていたんですけど、レッスンに行くたびに営業をされたり、講師のスキルも様々でした。グループレッスンだったので他の人のおしゃべりに時間を割かれたりして「あ~、無駄にお金使っちゃったな」ってシュンとしたり。

- 入会する時は、どれくらいの期間通おうか考えていましたか?

全然考えていなかったです。給付金の使えるコースだったのですが、そのコースの回数でカタをつけようって思っていました。たぶん他に通われている人も始めから2年とかは考えていないと思うんですよね。とりあえず申し込んだコースを終わらせようって思って来ているので、自分も更新するなんてよもや思いもしなかったです(笑)

ms.n
- 継続して学習できた理由は何だったのでしょうか?

最初の頃は「もっと上達したいな」って思ったし、「上達できるかもしれない」って思っていました。でもやってみたら思うようには上達はしなくて。英会話教室に来ると、誰かが上達させてくれるんじゃないかっていう錯覚をしてしまうと思うんですよね。私もそう思っていたし、多くの人がそう期待してくると思うんですけど、実はそうじゃなくて、結局インプットするにもアウトプットするにも、先生は手伝ってはくれるけどやるのは自分だと思うんです。それが回数を重ねる度にわかってきたので、教えてもらうために来ているっていうよりは学び方をアドバイスしてもらったり、一緒に学んでいくっていうスタンスに変わっていったっていうのがありますかね。上達できないと思ったら来なくなると思うので、上達できそうと思えて、続けていきたいと思ったのは、そう思わせてくれる講師やスタッフがいたからだと思います。

- 英語はもともと得意な方でしたか?

いえ。大学の受験科目に英語があっただけで経験としてはそれくらいです。


アドバイザーの存在

- カウンセリングは様々なアドバイザーが担当させて頂いていますが、印象に残っていることはありますか?

具体的なアドバイスをしてくれたのを覚えています。「一日一個は『絶対これを言うぞ』ということを考えて来た方がいい」というのは実践していたし、最初の頃はノートにきれいに書いて復習をしていたんですけど、それが間に合わないストレスでスクールから足が遠のいた時に、「とりあえず今は一個だけ絶対にレッスンで言うようにして、また時間ができた時に戻って復習をすれば良い」とアドバイス頂きました。また「時間がないならレッスン後にスクールに残って復習をすると良い」とか、「レッスン前に早めに来て勉強をして、英語に馴染む準備の時間を作ったら良い」といった自分にとってすぐに役に立つことを言ってくださいました。大学院を受験することになった時には、塾講師の経験のあるまじめな松岡さんが「受験にはこういうテキストで読解問題をやると良い」「英語と日本語があるものが良い」って具体的にアドバイスしてくださいました。

ワンナップのアドバイザーの方は自分たちも勉強しているから、アドバイスに具体性があったのが良かったです。前のスクールに通っていた時も、カウンセラーの方が慰めてはくれるんですよ。「大丈夫ですよ、頑張ってますよ、伸びてますよ」って。でもそうじゃなくて、その一歩先までアドバイスをくれる。そこがとっても違う。それはアドバイザーの皆さん自身も勉強をしているし、共に勉強する仲間みたいな、「きついけど頑張ろうね」っていう気持ちがあるから具体的なアドバイスをしてくれるんだなって思って、それがやっぱりとても違うと思いました。

レベルチェックの後のフィードバックでも「ここはだめ」と言うのではなくて、「良い点はここで、こうするともっと上達します。その上達をするためにはこういう方法が良いですよ」っていうことを、「普段どういう勉強をしていますか」とか、「比較級が使えていないようなので、比較級のところを注目して予習復習をしたり、HWに入れて使えるようにしましょうね」っていう話をしながら細かいところまで落とし込んでくれたのがやる気アップに繋がったと感じています。

- アドバイザーに「仲間」という言葉を使ってくださいました。

皆さん、TOEICで900点取るために早く出勤して自主勉強されたりしているんですよね。アドバイザーさん同士で勉強会をしたり。あと、読み研とか講座やセミナーにも参加させて頂くなかで、アドバイザーの方に対して「仲間」を感じることがありました。
ブログを読んでいても、企画を考えて練りに練っている様子から人間らしさがにじみ出ているので、受付の人っているよりは、仲間感を呼び起こされますね。人間臭さにあふれている感じ。一緒に頑張っているんだなって。

あと自分も教育に携わっているので、講座やセミナーで「これだけのきれいな資料を作るにはどれだけ削ぎ落としたものがあるのかな」って想像したり(笑)「ああ、まだ先に進もうとしているんだな、この集団は」って感じていました。恵比寿校で通い始めた時は4校ありましたけど、それでもまだもっと行こう!みたいな感じがあって、スクールも増えていって。全体的な仲間感がありました。

ms.n- そのように思って頂けるとすごく嬉しいです。

とても感激したことがあったんです。カウンセリングで、新人の胸にわかばマークの名札がついているスタッフの方に質問をしたことがあったんですけど、その方もわからなかったんですよね。わからなくて悩んでいたんですけど、その時、彼女は曖昧にしなかったんですよ。すぐに上司を呼びに行ってくれて。その上司がなんと社長(!)だったんですけど(笑)「うーん」って考えて、「ちょっと待ってくださいね」って呼びに行ってくれたその対応も嬉しかったって思うし、社長を呼べるという上司との信頼関係もあるんだなって思いました。なかなかそういうことってできないなって。慰めてれくるだけの集団だったら「そうですね~」で終わりにできるのに、まだ慣れていない新人のスタッフの方でも一緒に考えようとしてくれているのがすごく嬉しかったです。さすがだなって思いました。そういうちょっとしたことって、結構ぐっときます。

- 私達が逆に生徒さんにすごく助けられているなって思います。

読み研に参加した時にも、私のレベルをわかってくれたうえで、「この本が良いですよ。なぜならこの本のここにわかりやすいことが書いてあるからで、でもここまでいくと内容が面白くなくなりますよ」「自分に興味のない内容だと面白くないからお勧めしませんよ」とか、「声を出して、このくらいの時間やると良いんじゃなですか」とか、一緒に学習プランを作ってくれたのがよかったです。

あとは、アドバイザーの方が失敗した話もしてくださったのもよかったです。「私もその本やってみたけどだめだったんですよ。」とか、「体が疲れてできない時は、この日は休むって決めてしまって集中出来る時とのめりはりをつけてやっていますよ」とか。そういう話を久野さんがしてくれました。

あとは、「この感じって英語でどう表現するんですか」ってアドバイザーの方に聞いて、わからない時には講師に確認してくれて「こういうふうに表現できるようですよ、わたしも勉強になりました」って教えてくれたり。それから、白金先輩に質問をしてすぐに答えられなかった時に、本をコピーしておいてくれて、白金先輩がいない時に他のスタッフから受け取るっていうことがあって「覚えていてくれたんだ。曖昧にしない感じ、すごいな」って。「こんなふうに一緒に伴走してくれる人がいるんだな」って安心しました。でもそれは、あくまでも代わりにやってくれるのではなくて、結局やるのは私っていうそこの感じですかね。

- アドバイスを実践していたんですね。

言われたことは実践するようにしていました。覚えたいフレーズを見えるところに貼った方が良いですよって言われて、英文と日本文を少し離して見えるところに貼って、日本語を見て英語を言って、英語を言って日本語を見て、っていうのをやっていました。
単語ではなくて文章で覚えた方が良いって教わって、最初は単語だけでやっていたんですけど、それだけだと覚えきれなかったから、簡単な文章にして覚えたりとかしていました。

単語は、ただの記号にしか見えなかったし、何もおもしろくないから、やり応えを感じられなかったんですよね。でも「文章にしてとにかく声に出すことは大事ですよ」と言われたので、とりあえず実践していました。

- いろいろなことをされていたんですね。

そうですね。最初は本当に中学生くらいの英語力だったと思うんですよ。喋ることに関すれば特に。結果的に、最初に自分が想像していたように伸びるわけではないんですよね。最初は45度とか60度くらいの急角度で伸びると思うわけじゃないじゃないですか。でも途中で辞めちゃう人は、伸びないということを教え方が原因だとしがち。だけど、実際にやってみるとそれは自分自身に原因があって、アドバイザーの人達はそこを協力してくれる人達なんだっていうことがわかると、60度の角度を期待しないで一個ずつできることを増やすしかなくて、それは簡単じゃないなって。だから私は「英語の習得は簡単じゃない」っていうことをここで一番学んだ気がします。特に通う期間が長かったので。でもその「簡単じゃない」は、やがて英語だけじゃなくて自分の仕事においても、「あ、これは簡単じゃないからそれなりの準備が必要だな」っていうことを思うようになりました。

英会話教室に来て最初のコースで終わろうと思う人は、上達を期待して、それが40何レッスンでは叶わなかったらやる気を失ってしまう。そういうものがあるのではないでしょうか。

- やっていく中で、いろいろと気づきがあったんですね。

モヤモヤした時のほうが気づかされましたね。「できた!」という時よりは「うわぁ~、できなかった…」っていう時の方が割合としては多くて、その中で「あ、これは簡単にできることではないんだ」ということを思い知らされました。思い知らされたけど、安心してその難しいことに取り組める環境がワンナップにはあって、「安心して困ってね。私たちがいるよ。困った時は一緒に考えよう」っていうアドバイザーさんのスタンスとか、講師が「なんだよそんなことで!」って元気に励ましてくれるのがよかったです。セミナーだったり、アドバイザーとのカウンセリングの時間に支えられていたと思います。

ms.n

ワンナップのイベント

- 様々なイベントに来てくださいましたが、参加しようと思った理由は?

最初のイベントはサクラナイトで、働いているところから近かったので行ってみようと思いました。行ってみたら自分の考えている立食会ではなくて、英語の会なんだって。手の込んだ英語のゲームとか、ネイティブと八芳園で夜桜を見るとか、「どうなってるんだこの本気の集団は。すごいな」って思いました。
サクラナイトは習い始めて間もない頃に一人で参加したんですけど、面白かったので、BBQも行ってみたいなって思って行ったらそれも凄く面白かったです。生徒同士の交流もできて「自分もこういうことで困っている」とか、「レッスンのペースが危なくなってきた」とか、「なかなか上達を実感しない」っていう悩みを打ち明けられたり。
そんな中でも英語が上手に話せる人がいるんですよね。BBQは日本人同士では日本語で話せますけど、FEEL English!は英語でのディスカッションをグループの5人のメンバーとして、発表するっていうものだから、参加して良かったなって思いました。人の英語を聞くとピリッとしますしね(笑) 他にも、講座でお互いの英語を聞くのもいい刺激になったなって感じました。

また、文法講座はとても勉強になりました。5文型の講座とか、前置詞の講座とか、内容の練り上げ方と進行がすごく面白いなって。自分もそうやって人前で話す機会があるので、そういう風に感じてました。別に英語に集中していなかったわけじゃないんですけど(笑)

event event


これから英会話を学ぶ人へ

- 英会話を検討している人へ、何かアドバイスはありますか?

やる気が維持できるようなところを選ぶのが良いと思います。入ってみないとわからないですけど、いづれにしても、やってみないとわからないので、とにかく実際にやってみることが大事だと思います。

ワンナップだと、自分に合う勉強方法を考えてくれますよね。モチベーションの維持するために私に合う勉強法を提案してくれたり。だから効率的に勉強したいって思っている人にはワンナップはお勧めだなって思います。効率的に、限られた時間で、自分に合った勉強法を考えてくれて、やっていることを再評価するっていうことは一人じゃできないから。

それから長く学習をしないともったいないなって思いますね。ちょっとしか続けられなくてワンナップが伝わらないっていうのが一番もったいない。「英会話に行ったけど上達しなかった。それがワンナップだった」って言われるのはすごくもったいないと思います。

それぞれ事情はあるでしょうけど、卒業した後でも定期的に送られてくるメルマガで繋がっているのは勉強になってありがたいと思います。私もワンナップを卒業した後にメルマガが届いて「まだ送ってきてくれるんだ」って、嬉しかったです。


ワンナップで学んだこと

- 現在は大学院に通っていらっしゃいますよね。大学院に進もうと思われた背景を教えてください。

大学院に行こうと思ったのは最近です。以前からもっと勉強したいとは思っていましたが、中学生レベルだった英語力が壁だったので、それを乗り越えようとは思っていませんでした。社会人になってからもう一度大学院で学ぶなんて自分とは違う世界だなと思っていました。でもワンナップで英語学習をしていく中で「もしかして」っていうのが10%から20%になって、30%になって、やってみるか!って思えるようになって。その時「何事も簡単じゃない」っていうことは、ワンナップで既に学んでいたし、英語だけではなく何事も、勉強をして何かを習得することにおいても、簡単じゃないっていうことがわかっていたから、腹をくくってやろうって思えました。

それをアドバイザーの方に相談したら、まじめな彼(松岡)が、「長文を読むならこのやり方がいいですよ」って話を具体的にしてくれたんです。「○○○○っていうこの本は精読に良いですよ」って言ってくれて、それで本屋に行って探して、「これのことを言ってたんだ」って思って買いました。後になっても「長文読んでますか」「進んでいますか」っていろいろな人が声をかけてくれました。

講師にも、「勉強を始めた」っていうことを伝えたら、いろいろなバックグラウンドの方がいるからインターネットで授業を受けていた先生もいたりして「自分も仕事をしながら勉強をして、大変だったけど、楽しいよ」って言ってくれたので、「やれない」って思っていたことが、大変ではあるけど「やってみたい」と思えるようになって、勉強して、読み研に出て、精読を一個ずつやって、白金先輩と勉強して、なんとかやれました。


- ワンナップでは英語以外のことも学ばれたんですね?

そう。だから、ワンナップでそれを学ばないのはもったいない。ワンナップを英会話だけの場所にするには。英会話を身につけるために来るであれば他のスクールでもできるので、そこがワンナップに来る理由だと思います。他の生徒さんと話した時も、その方もそのように感じていると言っていました。

- ありがとうございました。ぜひ今後も頑張ってください!そして回覧板(メルマガ)も楽しみにしていてください!!



その他の生徒の声インタビューは下記よりご覧になれます。

» 生徒の声 染野幸司様
» 生徒の声 N様
» 生徒の声 K.F様
» 生徒の声 A.Y様
» 生徒の声 江森千紘様
» 生徒の声 田村敦様
» 生徒の声 池谷明浩様
» 生徒の声 伊藤義之様
» 生徒の声 【ラジオ対談】西村有紀子さん
» 生徒の声 【ラジオ対談】若鍋孝司さん
» 生徒の声 【ラジオ対談】A.Nさん
» 生徒の声 【ラジオ対談】大野理恵さん
» 生徒の声 No-23
» 生徒の声 No-22
» 生徒の声 No-21
» 生徒の声 No-20