今日の読み研

スクールの生の声をお届けするスクールブログです。
英会話に関する様々な情報や、英語を学ぶ方がちょっとテンションのあがる話、生徒さんの声などを綴っています。ワンナップ英会話に通っている人も、通っていない人も楽しめる内容を掲載しています。

今日の読み研

2017/07/16

本日も読み研を実施しました!

英語の読み方研究会の模様
いやー。
和気あいあい。
楽しく学べました!!

皆さんおっしゃるのが、
一人だとキツイけど、
みんなでやると楽しく出来る!
という点です。

知らない単語は意味を類推しながら進め、
文章全体がモヤモヤする時には
主語と動詞を確認しながら
文の構造を確認します。

するとあら不思議。
全体像が見えてきます!

更に、
きっとこんなストーリーのはずだ!
という風に意識的に予想しながら読みます。
これが意外とうまくいきます!

たとえば、
今日はpathという単語に出会いました。

the beautiful flowers along the path.

訳を割り当てられた人は
「path 沿いの美しい花々」
という所まで訳せましたが、
pathという単語がわかりません。

そこで周りのわかる方がヒントを出します。
○○沿いと言えば、アレしかないですよ!
ほら!あるじゃないですか!

えー?
道沿いじゃないですよね・・?

そうっ!!
道沿い!!!
path は道ですよ!

ええっ!pathって「道」で良いんですか?
道はroadだと思ってた・・・。

・・というやりとりで解決していきます。

roadももちろん「道」ですけど、
キャリアパスという言い方をしますよね。
あのパスはpathですもんね。

私の辞書ではthe path of a typhoon
というのがありますよ。台風の進路。

僕の辞書には
path = (歩いて踏み固めた)道
とか、(公園内の)遊歩道
って載っているので、
いわゆる舗装された道路とは
ちょっと感じが違うようですね。


という風に話しながら
単語の意味を深く知り
記憶に定着させます。

結果的に理解が深まり、
大変満足度が高いワークショップとなります。

ファシリテーションを担当するアドバイザーも
初見でのリーディングですので
一緒になって知らない単語を予想します。

だから、いわゆる上級者も
こんなテクニックを使って読んでいるんだ!
というのが、実体験できるかと思います。

英語のリーディングにはコツがありますので
ぜひそのコツを身に付けてくださいね!

ホームページにも
リーディングのコツが載っていますので
良かったらそちらの記事もご覧ください。

リーディングのコツ


いやー、みなさん。
今日も充実した時間でしたね!
また次回、がんばっていきましょう!!!