気軽に真面目に学習論 その3

スクールの生の声をお届けするスクールブログです。
英会話に関する様々な情報や、英語を学ぶ方がちょっとテンションのあがる話、生徒さんの声などを綴っています。ワンナップ英会話に通っている人も、通っていない人も楽しめる内容を掲載しています。

気軽に真面目に学習論 その3

2017/07/09

書く!書く!と言いながら書かなかった
ブログの続き。今日こそ書きます!

もう書く書く詐欺と言わせません!

気軽に真面目に学習論 その1では、
嫌々学習するより、
わくわく学習した方が効果が
上がりやすいという話でした。


気軽に真面目に学習論 その2では
やっぱり無理かもと思って学習するよりも、
イケるかも!と思って学習した方が
効果が上がるという話でした。

そのためには高い目標を
小さな目標(=手に届く目標)に分けて
やると良いという事です。


整理すると、

ワクワク勉強をして
目標を手に届きそうな範囲に設定すると
英語の上達に効果が高い

という事です。


しかしながらここで自ら反論です。

目標設定に関しては確かに
自分でコントロールできると思います。

ですが、ワクワク勉強するという、
「わくわく」を自分でコントロールするのは
難しいのではないでしょうか?

英語学習が嫌い!
(もしくは学習が嫌い!)

という感情をワクワクに変えるのは
至難の業かもしれません。


どうやったら学習にわくわく出来るのでしょう?


<仮説その1>
ゲーム感覚で取り組む。

英単語の暗記、文法の暗記を
ゲームもしくはクイズだと思って
取り組んでみましょう。

学習だと思わずに、
これはゲームだ!これはクイズなんだ!!
と念じていければそれに越したことはありません。

ちなみに、わたしは
TOEICの学習をしていた時、
だんだんただのクイズを解いている感覚に
なっていきました。

解けたら嬉しい!
間違ったら悔しい!

という感覚です。
時々昼休みに同僚に問題を出してもらい
当てたりはずしたりして一喜一憂してました。

あーー!!
くそっ!
そっちかー!!!

などと言っていると、
出来るだけ覚えて次は沢山当てたい!
と思えてきました。

みなさんが、もしそのように思えるなら
この<仮説その1>があなたにとっての
突破口です。

その昔、ドラゴンクエストなどの
シミュレーションゲームで
ただひたすらスライムを倒し、
経験値を増やしていた頃のように
ただひたすら単語を覚えて経験値を増やして下さい。


ああっ!

結構長くなってきたので、結局また次回に続きます!

今度はキチンと書きます!
次回に乞うご期待です!