次世代のグローバル日本語について

スクールの生の声をお届けするスクールブログです。
英会話に関する様々な情報や、英語を学ぶ方がちょっとテンションのあがる話、生徒さんの声などを綴っています。ワンナップ英会話に通っている人も、通っていない人も楽しめる内容を掲載しています。

次世代のグローバル日本語について

2015/11/24

レッスン前の身だしなみとして、
ワンナップの講師はころころを使うことがあります。
粘着テープでころころする、アレです。

先日、「すみません。Where is KoroKoro?」と 講師から聞かれ、
何の疑問も持たずに「ころころは、え~っと。」と話していると、
今度は別の講師が What’s Korokoro? と会話に参戦。

そこにいた皆で、 ころころ is nice.  ころころ is good.
などと、ころころという言葉ががオフィスに溢れていました。

みんなでころころ、Korokoro。 あっちでKorokoro、こっちでコロコロ。。。
これは Karate、Sushi、Korokoroと、世界に通用する言葉になるんじゃないか?!
ということに世界で一番初めに気づいたのは私かもしれません。
(゜ー゜☆キラッ

ちなみに、アメリカではLint rollerというそうです。
カーペットに使う事はなく、洋服のみの用途とのこと。

lint = リント 片側をけば立てた麻、または綿の布

コロコロの方がかわいくないですか?