パンダがじっと見ていた

スクールの生の声をお届けするスクールブログです。
英会話に関する様々な情報や、英語を学ぶ方がちょっとテンションのあがる話、生徒さんの声などを綴っています。ワンナップ英会話に通っている人も、通っていない人も楽しめる内容を掲載しています。

パンダがじっと見ていた

2017/06/26

今月発行されたインスピレーションという
ニュースレターの表紙を飾っていたパンダ。



このパンダ。

同僚が普通に仕事をしていた時、
なんだか視線を感じるなぁと
フと、PCのディスプレイの下を見たら
カメラを抱えて見つめていたそうです。

↑あるアドバイザーからの
遊び心のあるギフトだったそうな。

さて。

見るという英語はいくつかあります。

see
look
watch

それぞれ

see 見える
look 見る
watch 観る

という感じのニュアンスの違いがあります。

だから、

昨日あなたの事を駅で見たよ!

という時にはwatchもlookも使いません。
seeを使います。

映画を観た

という時にはseeもlookも使いません。
watchを使います。
そして

ちょっとあれ見て!

という時にはlookを使います。


ではこのパンダのような場合はどうでしょう?

この場合は
gaze
がいいかもしれませんね。

gaze=じっと見る

ちなみに

stare=じっと見る

もあります。


ほぼ一緒の意味ですが
gazeの方がポジティブな響きがあるようです。
stareは「じろじろ見る」感があります。


なのでこのパンダは悪意のパンダではなく
善意のパンダとしてgazeでいきたいと
思います。

A panda was gazing at her when she was working.

という事で、
今回は少し英語の勉強でした φ(・_・”)

単語のニュアンスの違いを知ると
英語の正確性があがりますので
ぜひ少しずつ学んでいきましょう!