上達したけりゃ辞書を引け! その2

スクールの生の声をお届けするスクールブログです。
英会話に関する様々な情報や、英語を学ぶ方がちょっとテンションのあがる話、生徒さんの声などを綴っています。ワンナップ英会話に通っている人も、通っていない人も楽しめる内容を掲載しています。

上達したけりゃ辞書を引け! その2

2016/12/09

辞書の使い方シリーズ第2弾です。

前回のブログはこちら
上達したけりゃ辞書を引け! その1

英語学習をするとき、
辞書は引いた方が良いです。
それによって英語力の伸びが違ってきます。

今日はその辞書の引き方について
詳しくお話ししていきます。

例えば、
suggest
という単語を辞書で引いたとします。

suggest:提案する

そっかー。
提案するかー。
なるほど、勉強になった!

ではダメです!!

意味は一つ知るだけではだめなのです!

辞書を引いたら
複数の意味をチェックしてください。

まずはその項目を良く読みましょう。

***suggest
<意味>-1-
~を提案する
~(を控えめに)してみてはどうかと言いだす
~しようかと話を持ち出す
~を提唱する
~が適当ではないかとすすめる
~がいいだろうと言う

⇒proposeより控えめな表現

<例文>
I suggested you for the assignment.
その任務には君がいいだろうと言っておいた。

She suggested a blue tie to the customer.
彼女はその客にブルーのネクタイはいかがですかとすすめた。

Maybe you can suggest a store where I can buy somthing nice.
何か素敵なものを変える店を教えてくれないか。

I suggest (that) you leave now.
もう行ったらどうだい。

They suggested that he (should) handle the matter.
彼らは彼がその件を手掛けたらどうかと言った。

It was suggested by Susan herself that we might go to the beach.
海辺に行きませんかとスーザン自身が言い出したのだった。

After dinner he suggested walking on the downs.
夕食後に彼は丘を散歩しましょうかと言った。

こうやって見ていると

1.suggest 人 for モノ
2.suggest モノ to 人
3.suggest モノ
4.suggest that S V
5.suggest ~ing

というどのカタチでも良いことがわかります。

さらに読み進めると

<意味>-2-
暗に~と言う、ほのめかす
ではなかろうかと述べる、示唆する
暗示する

というのが出てきます!!!

<例文>
His expression suggested curiosity.
彼の表情には好奇心がうかがえた。

All evidence suggests he was right.
全ての証拠が彼の正しかった事を示している。

As suggested above, communication covers much more than language.
上記に示唆されているように、コミュニケーションには言語のほかにずっと多くの事が含まれている。

His tone suggests refusal.
彼の口ぶりでは断るつもりらしい。

His pale face suggested bad health.
彼の青白い顔は健康状態がよくない事を物語っていた。

おおーーー。
こうやって例文を見てみると、
「示唆する」「暗示する」という意味も
がぜん頭に入ってきます。

そして、こうなってくると
suggest ≒ propose(提案する)
だけではなく

suggest ≒ say(言う)
にも近いなという事がわかってきます。

また、こんな文も載っていました!

I suggest that…
(検事が法廷で被告の行動などについて尋問する際に)~なのではないですか?

I suggest that you were not there at that time.
あなたはその時そこにいなかったのではないですか?

むむっ!
結構ピンポイントな意味ですね!

よくわからないけど、
そういう言い方もするんだー。
へえ~。

と、理解を深めていきましょう。

そうやって辞書を引いた後、
例えばペーパーバックを読んでいる時に
こんな文に出くわします。

 

I’m not suggesting he’s lying.

訳は当然

× 私は彼が嘘をついていると提案していない。

ではなくて、

○ 私は彼が嘘をついているとは言ってないよ。

となり、すっきり理解できます。

ということで、一つの単語に対し
ひとつの訳語では不十分!
多くの参考書の解説では

suggest: 提案する

と、一つの訳しか載っていませんので
それでは意味を半分知らないようなものです。

そして毎回suggestという単語を見るたびに
「提案する」しか浮かばなくなってしまうので
His expression suggested curiosity.
というような文章が出てくると
「彼の表現は好奇心を提案した」
と誤解してしまい、理解不能になってしまいます!

正しくは先述の通りこんな感じです。
His expression suggested curiosity.
彼の表情には好奇心がうかがえた。

ということで、
辞書の訳語の種類と例文はすごいんです!

同じ参考書の英文を読んで勉強しても
辞書を引く人と、辞書を引かない人では
知識に雲泥の差がつきます。

おかしいな。
同じテキストで勉強しているのに
なんでこんなに差がつくんだろう?

と思っている人は
辞書を引く・引かないにあるかもしれません。

ぜひ英語学習で伸び悩んでいる人は
辞書を引いてみてください!!!