気づきについて

スクールの生の声をお届けするスクールブログです。
英会話に関する様々な情報や、英語を学ぶ方がちょっとテンションのあがる話、生徒さんの声などを綴っています。ワンナップ英会話に通っている人も、通っていない人も楽しめる内容を掲載しています。

気づきについて

2012/05/24

日本語は接頭語として「小」をつけると意味が微妙に変わるということに
先日突然 ハッ!と気づきました。




うるさい
芝居

一時間
きれい
汚い





小うるさい
小芝居
小娘
小一時間
小ぎれい
小汚い


という感じです。

「小」が入ると何かちょっと感情がこもっている気がしませんか?
面白いなーと思い、英語にはそんな表現はないのか講師のトモに聞いてみました。
すると



-ish   (イッシュ)




がそれに近いとのことです。
なるほど。
これは単語の後につける接尾語です。
ishを更に日本語に訳すと



~っぽい




という感じですかね。



Childish 子供っぽい
Green-ish 緑っぽい
Teacher-ish  先生っぽい
10 minutes-ish  10分くらい





むむ。
これは結構便利じゃないですかーーー!
ワンナップの生徒さんで初級~中級の方、
微妙な事を言いたい時にコレ、使ってみてください。


例)
あなたは何歳ですか?


ウーン、アイム サーティイッシュ!  
(わたし、アラサーよ。)



という感じで使えます。



特に 


Greenish みどりっぽい
Reddish 赤っぽい
Grayish 灰色っぽい


という言い方などは、知らないと表現しにくかったと思います。
「-ish」 ひとつでボキャブラリーがきっと増えます!
ぜひ試してみてください。










・・・という事でたまには小粋な英語関連の記事を書いてみました。



フフフ。