炭酸について

スクールの生の声をお届けするスクールブログです。
英会話に関する様々な情報や、英語を学ぶ方がちょっとテンションのあがる話、生徒さんの声などを綴っています。ワンナップ英会話に通っている人も、通っていない人も楽しめる内容を掲載しています。

炭酸について

2011/06/20

土曜日の日経新聞の「健康生活」の欄で、
“炭酸パワーで夏乗り切る”という記事がありました。







炭酸はシュワシュワと爽快なだけでなく、
欧州では昔から医療現場でも使われている。
飲んだり、炭酸入りのお風呂に入ると血液の巡りが活発になり、
疲労回復やアンチエイジング、胃腸の働きを整えるなどの効果を期待できるという。






なんでも、炭酸は血管の拡張を促すそうです。






炭酸ガスは皮膚や胃の粘膜を通じて血管に侵入する。
血管は炭酸ガスを異物と見なし洗い流そうとするほか、
血中の酸素量を増やそうと毛細血管まで拡張する為、
管内の血流が増加。血のめぐりが良くなり、新陳代謝が活発になり、
老廃物の排出も促されるという仕組みだ。






記事によると、そんな泡の接取にはシャンパンが便利とのこと。
それはシャンパンにはビールの約3倍の二酸化炭素(CO2)が
溶け込んでいるからです。





シャンパンは炭酸を接取するのには便利なお酒だが、
瓶内には多量のCO2が密封されているため、
開栓時には飛び出したコルク栓が時速50キロメートルに達することもある。
目を直撃しないように注意が必要だ。






ということで、シャンパン。
大変危険です。これは要注意です!
(;゜Д゜)





よし!




それでは大変危険ではありますが、
健康の為に、シャンパンを飲もうと思います!







( ・д・)v シカタナイネー