発想の転換について

スクールの生の声をお届けするスクールブログです。
英会話に関する様々な情報や、英語を学ぶ方がちょっとテンションのあがる話、生徒さんの声などを綴っています。ワンナップ英会話に通っている人も、通っていない人も楽しめる内容を掲載しています。

発想の転換について

2009/10/07

今日は雨です。
明日は台風が東京に来るそうです。
雨は憂鬱な気持ちになります。


わたしは以前、雨降りの時に憂鬱にならない方法はないか、
真剣に考えたことがありました。
(よっぽど暇です)
その時のわたしの答えは「傘屋になる」でした。





発想を転換すると、楽になることがあります。
英語も一緒です。


昨日もカウンセリングをしたのですが
“ぱっと英語が出てこない”
とその方もおっしゃっていました。


ぱっと英語が出てこない人は
ぱっと英語を出さなくて良いのではないでしょうか!?
その代り、ぱっと英語が出てこない人は、何を質問されても


ウェール・・・、アイ スィンク・・・・


とぱっと言ってください。
そうやって時間を稼いで喋ると楽です。
それでも英語が出ない場合は、


イッツ ディフィカルト トゥ セイ・・・


と言って更に時間を稼いでください。



そうやって、誤魔化しゴマカシ喋っていると、
周りから見た場合、「英語うま風」に聞こえます。
「あの人、英語で考えて喋ってるな~」・・・的な見え方です。
実際はネイティブもそんな感じで喋っています。
よ~くネイティブの会話を聞いていると、そんなのばっかりだったりします。


英語はぱっと出さない!


発想を切り替えていきましょう。