スタッフを知る 高岡厚史

スタッフ・インタビュー


高岡 厚史(2013年入社)


Q1. ワンナップ英会話の仕事でのやりがいは?

ワンナップ英会話スタッフインタビュー 積極的に手を挙げれば新しいことにチャレンジ出来る事です。
私は教材の開発や講師の人事にも携わっていますが、その中で自ら提案した事により実現したことも多くあります。新しいことに挑戦する事は決して簡単な事ではありませんが、困難であるからこそワクワクしますし、実現したときの達成感も大きいです。講師も教材も実際にレッスンの質に直結するものなので責任感を持ちながら仕事に取り組んでいます。


Q2. 今の仕事で心に残っていることは?

ワンナップ英会話スタッフインタビュー ワンナップではTOEIC対策用の宿題がありますが、その解説の日本語版を制作するという大きなプロジェクトに携わった事と、その教材がリリースされ、生徒さんから良い感想を頂いたことが心に残っています。このプロジェクトでは教材開発チームだけではなく、多くの日本人アドバイザーに協力をしてもらいながら進めた大きなプロジェクトでしたし、現在もとても多くの生徒さんに利用して頂き達成感も大きかったです。


Q3. 今の職場で学んだことは?

積極性です。
入社当初は全くと言っていい程、積極的に仕事を作り出していくことは出来ていませんでした。そのときの自分は思い出したくないくらいです。しかし、教材の開発や講師の人事に挑戦する機会を頂き、自分が携わった仕事が形になって生徒さんに届くことでやりがいを感じるようになりました。現在は常に生徒さんにより質の高いレッスンを受けて頂く為に、そして講師にとってより良い職場環境を作る為に自分に何が出来るかを常に考えながら仕事に取り組んでいます。


Q4. 上司・同僚の印象は?

ワンナップ英会話スタッフインタビュー 上司はいつでも相談に乗ってくれます。何をしなければならないかを具体的に教えてもらうというよりも、どういう考えのもと動いていかなければならないかという根本的な部分を教えてくれます。具体的に何をすべきなのかは自分自身で考える環境があるからこそ、自分で主体的に新しいことを考えることも出来るようになったと思います。また、同僚もいつも相談に乗ってくれ、プライベートでも遊びにいったり飲みにいったりと色々とお世話になっています。本当に感謝しています。


Q5. 今後の目標は?

今後も日々現状に満足せずにどうすればワンナップをより良いスクールに出来るかを考え、動き続ける事です。仕事に限らず、常に向上心を持ち続け、何をすれば現状をより良く出来るかを考え続けることが重要だと思います。私は考える為に立ち止まってしまうことが多かったですが、動きながら考えることで見出せることが多いということにこの仕事を通じて気づきました。




スタッフ・インタビュー


  • ワンナップ英会話コンセプト
  • ワンナップ英会話企業文化
  • ワンナップ英会話行動指針
  • ワンナップ英会話仕事を知る
  • ワンナップ英会話スタッフインタビュー
  • ワンナップ英会話エントリー