スタッフインタビュー

スタッフを知る 宮武智佳

スタッフ・インタビュー


宮武 智佳(2016年入社)


Q1. ワンナップ英会話の仕事でのやりがいは?


英会話という切り口を通して、生徒さんお一人おひとりの人生そのものを一緒に考えさせて頂けることに、ワンナップ英会話ならではのやりがいがあると思っています。毎日様々な方との出会いがあり、多くの方の人生に触れることができます。特にカウンセリングの場面ではその方の英語学習に込められた想いをお伺いしたり、その方の生活の中での英語学習の位置づけを想像したりします。サポートの仕方は様々ですが、一緒に悩んだり考えたりさせて頂けること自体に大きな喜びを感じます。こんな風に生徒さんと関われるのは、ワンナップ英会話ならではの特色だと思います。


Q2. 今の仕事で心に残っていることは?

ワンナップ英会話スタッフインタビュー
どんな仕事でも本質的には結びついていると気付かせてくれた、上司の言葉や生徒さんとのやり取りそのものです。私は元々人と深く関わる仕事をしようと考え、以前は医療機関で臨床心理士として勤務していました。臨床心理士と英会話スクール、一見あまり結びつきがないように感じられるかもしれませんが、仕事をしてみて実は深いところで結びつきがあることを感じました。医療機関と比べるといらっしゃる方の心の状態が異なることが多いので、話の内容や展開は自然に異なってきます。しかし、相手と向き合う上で大切にする心構えなど通ずるところは多くあります。その気付きが、仕事のモチベーションの源にもなっています。


Q3. 今の職場で学んだことは?


たくさんありますが、一言で言うと「仕事は楽しいもの」ということです。真摯に、誠実に相手に向き合うということは、当たり前のことのようで難しいことです。しかし今の職場では、皆がそれを真正面から受け止め実行しようと、毎日精一杯行動しています。仕事の楽しさをこのような形で学ぶことができたのは、今の職場だからこそだと思います。また、行動指針にもある「仕事をする上での美しさ」を意識できるようになったことも私にとって大切な学びです。美しさは、思いやりや気遣いにも似ていると思います。美しさを心がけるようにすると、それをした自分もそれを見た相手も良い気持ちになれるということを実感しています。


Q4. 上司・同僚の印象は?


上司の方々は、いつどんなときでも真剣に向き合ってくださいます。私達部下の話を決して流したりせず、真剣に耳を傾けてくれます。そして、一人ひとり違う個性を認め、仕事を教えてくれる以上に「人として大切なこと」も教えてくれます。また、同僚の方々も気遣いができて優しい人が多いです。皆が本当に一生懸命、理念に沿って行動しようと頑張っているので、一緒に働いていると刺激をもらえます。人として成長できる環境がここにはあります。


Q5. 今後の目標は?

ワンナップ英会話スタッフインタビュー
自分のオリジナリティである心理学という観点を活かして、英語学習を考えていけるようになりたいです。個人の発想や閃きを大切にしてくれる会社なので、積極的に手を挙げていきたいと思います。英語学習はモチベーションの維持がとても重要ですが、それがうまくいかずに挫折してしまうこともあります。伸び悩んだときにそれをどう乗り越えていけるかということも大きなテーマになりえます。心理学の分野ではモチベーションの研究は数多くされていますし、壁を乗り越えるというのも様々な切り口で考えられています。そのような研究ベースで既存のサービスを見直し、更に良いものに繋げていけるようになるというのが私にとって大きな目標です。




スタッフ・インタビュー

  • ワンナップ英会話コンセプト
  • ワンナップ英会話企業文化
  • ワンナップ英会話行動指針
  • ワンナップ英会話仕事を知る
  • ワンナップ英会話スタッフインタビュー
  • ワンナップ英会話エントリー