担当者の声 FXC株式会社

FXC株式会社
経営管理部 人材開発担当
A.T様

英語研修を導入した背景

- 英語研修を検討し始めた背景を教えて下さい。
fxc_interview
fxc_interview
弊社ではもともと、外国人講師を招いて英会話のグループレッスンを行っていました。その時のレッスン(研修)内容はネイティブ講師と共に英文を読んでみるというようなもので、あまり学習効果の高いものとは言えませんでした。
そこで、前任者から私がグローバル化推進の為の人材育成企画を担当する事になるタイミングで、内容の見直しをかけました。研修のコンセプトも変更し、単に英語力をアップさせるだけでなく、英語学習を通して主体性と学習習慣の習得までを視野に入れた内容にする事としました。そのタイミングで御社にもお声掛けをさせて頂いています。


導入に至った決め手

- 研修依頼先をワンナップに決定した理由を教えて下さい。

御社のスタイルは語学力の向上はもちろん、マインドセットに重点をおいているという点が研修プログラムの提案時点でなされていました。研修を一過性のものとせず、長期的な視野で考えた時に、御社の研修理念は当社の方向性とあっていましたので御社への依頼を決定しています。


導入中の印象

- 研修講師(ネイティブ及び日本人)や法人担当のサポートはいかがでしたか?

皆さんプロフェッショナルでした。
ネイティブの講師の方々も日本人に英語を教えることに精通していて、上手く英語での説明だけで理解出来るよう導いて頂いていました。受講生のレベルに応じて臨機応変にレッスンを進めてくれることが出来る方々だったと思います。

日本人講師は講義も素晴らしかったのですが、特に自主学習に対するサポートが良かったです。少し頑張らないと達成出来ないような絶妙な量の課題をウィークリーベースで毎回出して頂きました。人事教育担当からの要望に対しても柔軟に対応して頂き、受講生の学習進捗を見ながら、途中で研修プログラムを変更して個人の自主学習の内容を変えるなどして頂きました。

また、講師の方だけではなく、サポート担当の方もとても良かったですよ。藤崎さんのサポートは受講者からも好評でした。一人ひとりの学習をサポートしようという姿勢や情熱が伝わっていたと思います。真面目な話をするだけでなく、楽しみながら学習出来るように場の空気を和ませながら的確にサポートして頂いたと思います。


- 研修中の受講者の皆さんの様子を教えて下さい。

少人数の研修だったので、研修受講者チームの連帯感が醸成されたのはとても良かったです。研修は業務後の時間に行っていたので、研修後に受講生同士で食事に行くなどとても良い関係性を築いていたと思います。受講生がそれぞれ刺激しあいながら学習出来ていたと思います。

fxc_interview fxc_interview

- 6か月の研修で受講者全員のTOEIC平均スコアは90点アップとなりました。研修全体の感想を教えてください。

全員TOEICのスコアをアップさせたものの、掲げていた目標TOEICのスコアを達成出来なかったメンバーがいたことは残念でした。講義の内容に関しては満足していますが、人事の立場としては集合研修の難しさを感じました。少人数の研修ではありましたが一人ひとりのレベルが異なった為、一律で同じの目標スコアを達成するのは厳しかったです。前提となる個人の英語の基礎力の違いもありますし、目標達成までの期間が短かったこと、目標設定の仕方などいくつか要因はあります。
しかし、今回の研修がキッカケとなり研修終了後も学習を続ける流れは作れたと思います。また、受講生の成長意欲の向上には効果があったと思いますので、こういった流れが社内に好影響を及ぼす事を期待していますし、英語も引き続き自主学習を続ける事によって、最終的に受講生全員が掲げた目標スコアを達成してもらいたいと考えています。


導入後の効果

- 研修終了後、受講生及び御社に変化はありましたか?

実は、受講者のうち一名が今回の英語研修受講者を中心として週1回集まって英語に限らず自習をする機会を作ろうと声を挙げてくれました。これはとても良い傾向だと思います。また、実施した研修の影響で、今回は受講していない社員の中で英語学習を始めた人も出てきました。今回研修を受講していた社員から学習意欲のある社員にアドバイスをしているという話も聞いております。英語に限らず新しいことを学ぶ社員の輪を拡げていくことが出来れば組織としての成長にも繋がると思いますので、社員間で自発的にそういった動きが活性化していることに満足しています。マインドセットを研修コンセプトの重点においていたので、主体性や自主学習の習慣が根付いたのはとても良い傾向です。

また、社内でも「グローバル化推進プロジェクト」が発足され、受講者の一人がそのプロジェクトに参画することになったことも嬉しい変化だと思います。


今後の目標

- 最後に、今後の目標を教えて下さい。
fxc_interview
fxc_interview
世の中に大きな価値を提供出来る会社を創ることが目標です。
そのために人事として人材の採用や研修などで組織を作り、会社が社会に与えられるポジティブなインパクトを最大化することが必要です。どんな仕事でもそうだと思いますが、人を動かすことが必要不可欠です。その対象となる一人ひとり(上司、同僚、求職者、研修受講者、社員etc.)とのコミュニケーションはとても重要です。その中では熱い想いと論理的な根拠を伝えることが大切だと考えています。

今後様々な業務でデジタル化は進んでいきますので、データを分析、活用することで客観的根拠を導き、情熱を持ってそれをコミュニケーションの対象に伝えられるかという点を更に強化していきたいと考えています。研修の結果、評価の結果、適性検査の結果、採用に関するデータなどの定量的なデータを分析し、それに基づいて組織の課題解決の為のソリューションを組み立てることが出来るよう、データの活用や分析に関するスキルを向上させることは現在最も注力したいと考えている点の一つです。勉強しなければならないことは沢山ありますが、学習を習慣化しましょうと言っている私がそれを体現出来なければ誰もその波に乗ってきてはくれませんので、一生学び続けたいと思っています。

今回の英語研修で一生懸命学習している受講者を見て私自身も「頑張らなければ!」という気持ちにさせられましたので、目標達成に向け走っていきたいと思います。

- 本日はお時間を頂き、ありがとうございました!